大腸が気になる方へ

大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。

近年、日本では大腸がん患者が増加傾向にあり、その原因は動物性脂肪の過剰摂取、食物繊維の摂取不足、加齢による細胞の老化、免疫機能の不具合などと言われていますが、どれも決定的な原因とは言いがたい状況です。早期発見であれば100%近くが完治します。進行の具合によって5年生存率が下降します。

大腸がんにより、以下の症状などがみられることがあります。ただし、以下の症状がひとつでもみられた際には医師による診察をおすすめします。

便通の異常

血便(便に鮮血または黒色の血液が混じる)

残便感

下痢と便秘の繰り返しなど排便時に気になることがある

便が細くなる

腹痛、腹部膨満感

痛みを伴うしこり

中でも血便の頻度が高く、これはがんの中心が潰瘍となり出血がおきるためです。痔と勘違いして受診が遅れることもありますので注意しましょう。

それで大腸がんの原因はいくつがあります。ここはまとめて3つの原因を紹介いたします。

食生活

大腸ガンの原因ははっきりとわかっていませんが、大腸がんの死亡率は国によって大きな差があり、死亡率の低い国の人が高い国に移住すると大腸がんの死亡率も高くなることから、環境や食習慣が大きく影響しているものと考えられています。

大腸がんの死亡率や罹患率は、動物性脂肪(肉類、卵、乳製品など)や炭水化物、砂糖などの摂取が多い人ほど高く、逆に、穀類や豆類などの植物性繊維の多い食事を摂っている人の大腸がんの死亡率や罹患率が低いという研究結果もあります。

遺伝

また、大腸がんでは、直系の親族に大腸がんの人がいることは、大腸がんのリスク要因とされています。

飲酒

肥満や飲酒なども大腸がんリスクとされています。

ですから、私たちの日常の食生活、飲酒などの生活習慣は大腸がんに関わります。できるだけ注意ください!大腸がんの症状があれば、すぐ病院に行って検診したほうがよほど完全だと思います。

オススメサイト情報

もうひとつ、スッポンの精力剤増強効果で忘れてはならないのがリノール酸の存在です。脂肪酸の一種で、おもに植物に含まれているもので、動物から摂取できるのは難しい脂肪酸です。このリノール酸には血中のコレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果があります。下半身の血行不良が勃起力・持続力低下の大きな原因となるだけに重要な役割となるでしょう。
バイアグラ以外にも、レビトラ、シアリスといった勃起不全治療薬があり、それぞれ効果や特徴が異なります。SSRIとバイアグラ,レビトラ,シアリスの併用は可能でしょうか? 可能です。SSRIは性欲減退により感度を低下させる薬です。 ED治療薬は、勃ちの悪さを改善する薬です。作用が相反する可能性もあるため、必ずしも併用が有効とは限りません。
ヨーロッパでは昔からお馴染みとなっているチョコレートの媚薬効果。カカオの起源伝説によれば、アステカの王様がハーレムの愛人たちに「栄誉を授ける」前の強壮薬として飲んでいたのがチョコレートの始まり。また、とあるイタリアの医療機関では「チョコ好き女性はエッチも好きな傾向あり」という研究結果も発表しているとか。
レビトラはバイアグラと同じようにED治療薬です。レビトラは、勃起状態を維持できない方や、全然勃起できない方の悩みを解消するためのED治療薬です。外部からの性的な刺激、興奮を感じることで、男性器の勃起を助長することもできます。
勃起障害(インポテンツ/精力減退/勃起不全/ED)を克服する精力剤・サプリメント. 精力剤、精力減退、勃起不全、勃起障害、インポテンツ、ED、勃起しない. 勃起不全(精力減退・勃起障害・インポテンツ・ED)に悩む方が安全に精力・勃起力アップできる精力剤・